MENU
クワンソウとは
クワンソウとは

弊社で取り扱っている”ぐっすりん(商品)”に使われている”クワンソウ”の情報をお届け

クワンソウ(和名:アキノワスレグサ)とは

クワンソウ
沖縄地方に自生しているクワンソウ 正式な植物名はアキノワスレグサ(秋の忘れ草)

ユリ科の一種で、国内では沖縄県を中心とする南西諸島、さらには台湾に分布している多年草です。最近から徐々に注目されてきました。
沖縄では今帰仁で栽培されているクワンソウが有名です。

クワンソウが民間薬草的に利用されていた背景

沖縄地方に生育しているクワンソウは、現代よりもずっと前の昔からつぼみ、葉さらには根を不眠症、興奮(イライラ)などに効果がある民間薬草として、また食材としても古くから民家の周辺で栽培され、料理などに利用されていました。(沖縄の方言ではクヮンソウと発音されています。)
クワンソウは古くは琉球王朝の時代から食されていたことが確認されています。
海外との交易が盛んだった当時の琉球には中国から多くの冊封使(さっぽうし)が渡来しており、琉球王府では威信をかけて豪華な宴を催し、大変手厚いもてなし(琉球最大の国家行事関連「冊封(さっぽう)の儀」において中国からの使者「冊封使」の歓待料理に使用された。)をしたようです。その贅を尽くした料理の素材にクワンソウは使われたとの記録が残されています。
またそれ以上に、沖縄の一般家庭でも庭先にクワンソウが植えられており、汁物(豚肉)として食したり、葉や茎を刻んで乾燥させたものを煎じて飲むと寝つきが良く安眠できると伝えられるなど、古くから民間療法的に利用されていました。(中国原産ユリ科ワスレグサ属(キスゲ属)の多年草で、沖縄の伝統的ハーブ(サプリメント)です。沖縄県が指定した伝統野菜28品目(島野菜)の一つです。)

琉球王朝時代

琉球王朝の尚王の侍医であった、渡嘉敷通寛(1794~1849)は、1816年に中国で医学を学び、帰国後薬用植物を解説した書物「御膳本草」(1823)を出版しています。

御膳本草に記述されたクワンソウ

「若葉及び花は食用に供せられる。つぼみは、気味、涼、毒はない。胸を開き、五感を案じ、歓楽して、患いながらしむ。故に、忘優草(ボウユウソウ)という。小便赤く、渋って身体の煩熱するを治し、黄痕を除き、食を消し、不眠を治す。久しく食べれば、身を軽くして、目がよく見えるようになる」などと記述されています。

御膳本草

そのため沖縄地方では、床についたけどなかなか寝れない(入眠障害)、眠ったと思えば目が覚める(中途覚醒)、そのようなときにクワンソウを食べると、その夜はぐっすり眠りにつく(リラックスする)ことが出来るといわれ、大いに利用されていました。
現在でも、沖縄県内の八百屋でクワンソウの葉の部分を野菜として販売され、沖縄県伝統農作物(島野菜・沖縄産)として親しまれています。また、お茶(飲み物)としても広く親しまれています。保存する際は湿った紙に包んで冷凍庫に入れることをおすすめします。(1年ほどもちます)弊社商品の「ぐっすりん」は常温で保存してください。

クレイ沖縄から記事抜粋

クワンソウは沖縄ではとても身近な薬草として知られ、その利用が余りにも日常的過ぎたため、 クワンソウに含有する鎮静・睡眠作用成分の科学的エビデンス及びその効果の検証は、長いこと置き去りにされていました。
そこで、クワンソウの鎮静・睡眠作用を解明すべく2009年、株式会社クレイ沖縄と琉球大学農学部、大阪バイオサイエンス研究所、 同志社女子大学薬学部が参加するプロジェクトチームを結成しました。プロジェクトは、経済産業省の産官学連携による 「地域イノベーション創出研究開発事業」として採択され、沖縄県の地域ネットワークを活用した「健康バイオ新商品開発推進事業」 としても進められています。

クワンソウ(和名:アキノワスレグサ)は、
キレイなオレンジ色の花が特徴的なユリ科の植物です。沖縄の気候に大変適していて、古くから自生し、以前はどこの家の庭でも栽培されていました。 特に、沖縄本島の国頭郡今帰仁村のクワンソウ畑は有名で、8月中旬頃から11月中旬頃の花が咲く時期は、鮮やかなオレンジ色のクワンソウ畑が一面に広がり、 美しい景色を見せてくれます。

クワンソウについて

クワンソウ(和名:アキノワスレグサ)とは

クワンソウ(アキノワスレグサ)

沖縄地方に自生しているクワンソウ
正式な植物名はアキノワスレグサ(秋の忘れ草)

ユリ科の一種で、国内では沖縄県を中心とする南西諸島、さらには台湾に分布している多年草です。最近から徐々に注目されてきました。
沖縄では今帰仁で栽培されているクワンソウが有名です。

クワンソウが民間薬草的に 利用されていた背景

沖縄地方に生育しているクワンソウは、現代からずっと前の昔からつぼみ、葉さらには根を不眠症、興奮(イライラ)などに効果がある民間薬草として、また食材としても古くから民家の周辺で栽培され、料理などに利用されていました。(沖縄の方言ではクヮンソウと発音されています。)
クワンソウは古くは琉球王朝の時代から食されていたことが確認されています。
海外との交易が盛んだった当時の琉球には中国から多くの冊封使(さっぽうし)が渡来しており、琉球王府では威信をかけて豪華な宴を催し、大変手厚いもてなし(琉球最大の国家行事関連「冊封(さっぽう)の儀」において中国からの使者「冊封使」の歓待料理に使用された。)をしたようです。その贅を尽くした料理の素材にクワンソウは使われたとの記録が残されています。
またそれ以上に、沖縄の一般家庭でも庭先にクワンソウが植えられており、汁物(豚肉)として食したり、葉や茎を刻んで乾燥させたものを煎じて飲むと寝つきが良く安眠できると伝えられるなど、古くから民間療法的に利用されていました。(中国原産ユリ科ワスレグサ属(キスゲ属)の多年草で、沖縄の伝統的ハーブ(サプリメント)です。沖縄県が指定した伝統野菜28品目(島野菜)の一つです。)

琉球王朝時代

琉球王朝の尚王の侍医であった、渡嘉敷通寛(1794~1849)は、1816年に中国で医学を学び、帰国後薬用植物を解説した書物「御膳本草」(1823)を出版しています。

御膳本草に記述されたクワンソウ

「若葉及び花は食用に供せられる。つぼみは、気味、涼、毒はない。胸を開き、五感を案じ、歓楽して、患いながらしむ。故に、忘優草(ボウユウソウ)という。小便赤く、渋って身体の煩熱するを治し、黄痕を除き、食を消し、不眠を治す。久しく食べれば、身を軽くして、目がよく見えるようになる」などと記述されています。

御膳本草

そのため沖縄地方では、床についたけどなかなか寝れない(入眠障害)、眠ったと思えば目が覚める(中途覚醒)、そのようなときにクワンソウを食べると、その夜はぐっすり眠りにつく(リラックスする)ことが出来るといわれ、大いに利用されていました。
現在でも、沖縄県内の八百屋でクワンソウの葉の部分を野菜として販売され、沖縄県伝統農作物(島野菜・沖縄産)として親しまれています。また、お茶(飲み物)としても広く親しまれています。保存する際は湿った紙に包んで冷凍庫に入れることをおすすめします。(1年ほどもちます)弊社商品の「ぐっすりん」は常温で保存してください。

クレイ沖縄から記事抜粋

クワンソウは沖縄ではとても身近な薬草として知られ、その利用が余りにも日常的過ぎたため、 クワンソウに含有する鎮静・睡眠作用成分の科学的エビデンス及びその効果の検証は、長いこと置き去りにされていました。
そこで、クワンソウの鎮静・睡眠作用を解明すべく2009年、株式会社クレイ沖縄と琉球大学農学部、大阪バイオサイエンス研究所、 同志社女子大学薬学部が参加するプロジェクトチームを結成しました。プロジェクトは、経済産業省の産官学連携による 「地域イノベーション創出研究開発事業」として採択され、沖縄県の地域ネットワークを活用した「健康バイオ新商品開発推進事業」 としても進められています。

クワンソウ(和名:アキノワスレグサ)は、
キレイなオレンジ色の花が特徴的なユリ科の植物です。沖縄の気候に大変適していて、古くから自生し、以前はどこの家の庭でも栽培されていました。 特に、沖縄本島の国頭郡今帰仁村のクワンソウ畑は有名で、8月中旬頃から11月中旬頃の花が咲く時期は、鮮やかなオレンジ色のクワンソウ畑が一面に広がり、 美しい景色を見せてくれます。

PAGE TOP